2015年12月31日 木曜日

銀座美容室wagon コント・オードワン・ド・ダンピエールについて

銀座の美容室wagonの永井です。
今夜は大晦日ですね。
シャンパンってお祝い気分でいいですよね。
先日、知人に頂きました~。
いいやつですね。
楽しみです。
コルクが麻紐でとめてあるのですが、伝統的な手法みたいです。

1735年に当時の国王ルイ15世によって、シャンパンの品質管理に関する法令として定められました。
フランス王家から発布された法令によると、シャンパーニュに封を施す際は、3本の麻紐を一つに縒り合せたものを使用せねばならない、とされています。

キリスト教国であるフランスでは、「十字」には特別な意味が。
この法令には、想いを込めてシャンパンを封じる、という熱い想いが込められているのです。
この伝統は第一次世界大戦まですべてのシャンパーニュに適用されていましたが、その後に現れた針金による方法(現在の留め方です)によって次第に見られなくなっていきました。
この失われた伝統技法を受継ぎ、守り続けているのがダンピエールのシャンパーニュ。
だそうです。

imgG53211323_1451529028285

imgG53211323_1451529028286

投稿者 株式会社The New Basic