矢島 ちえみ

2014年10月20日 月曜日

銀座ヘアサロンwagon:カラーリングの時の「毛先は時間差で塗りますねー」の謎について

こんにちは!

銀座三丁目ヘアサロンwagonの矢島ちえみです。

みなさん、カラーリングの際に、

美容師側から、

「毛先は時間差で塗りますね!」

と言われたことは一度はあるのではないでしょうか?

でもなんでだろう?と思ってても聞けずにいた方もいらっしゃるはずです。
そこでカラーリングのお話を。


人の頭には染まりやすい場所、染まりにくい場所があります。

頭皮に近い根元は体温によって暖かいので、
温度が高ければ染まりやすく、

もう一つは顔まわりの髪は他の場所に比べ、毛自体が細いので毛の内部に色が浸透しやすいので染まりやすいです。

また毛先の髪の毛は根元〜中間部分よりもダメージにより細くなっていたり、
髪の毛は三層に分かれており、一番外側にあるキューティクルが損傷し、表面が開いている状態なので染まりやすいのです。

染まりやすい→染まりすぎる(他に比べて色が入りすぎて暗くなるor明るくなってしまう)

結果ムラに染まってしまうのです...

そこで、根元〜毛先まで均一にするために時間差や、薬の塗布量で調整しているのです!


こんな感じで私達は微妙なところで戦ってます^^

pic20141020185915_1.jpg

投稿者 株式会社The New Basic